クロネコwebコレクト


宅急便コレクト 代金引換



宅急便コレクト お届け時電子マネー払い


宅急便コレクト お届け時カード払い

宅急便コレクト クロネコメール便コレクト 電子マネー払いサービス
ホーム | ジュエリー > ブローチアフロディーテ ラーバ カメオ ブローチ
商品詳細

アフロディーテ ラーバ カメオ ブローチ[53-23-1]

品 番
53-23-1
年 代
c.1870年
生産国
イタリア
素 材
ラーバ(イタリア ヴェスヴィオス火山の溶岩)、ゴールド
寸 法
縦:48mm、横:39mm、高さ:17mm
ひと言
19世紀中期から後期にかけて、カメオは、バラエティーに富んだ様々な素材で作られるようになり、マラカイト、ラピスラズリ、珊瑚、象牙、ジェット、ラーバ等が用いられました。
特に、イタリアのポンペイ遺跡を訪れた、多くのイギリス人、フランス人旅行者は、旅土産として、ヴェスヴィオス火山の溶岩:ラーバから作られたカメオを持ち帰ったそうです。

ラーバカメオは、溶岩特有の、温か味を感じさせる質感と、正に母なる大地の色が魅力的でございます。
また、自由に彫刻しやすく、然るべき所はくっきり深く、ダイナミックな勢いを感じさせる立体作品と言えます。

当カメオには、薔薇を纏ったアフロディーテ(ヴィーナス)が彫刻されております。
神々の心をかき乱す美と愛の女神が、最も華やかで、彼女の象徴でもある花と共に、胸に咲きます。

髪は、はっきりと深く彫られ豊かな印象に、薔薇の花や葉は、飛び出さんばかりの立体感が生き生きとした印象を与え、正にナチュラルなアースカラーに味わい深い陰影を落としております。
一方、衣裳の襞は、ふんわりやわらかい素材を連想させます。
頬、首、胸も、ふっくら艶やかでやわらかな雰囲気です。

カメオは、流行が盛んとなる18世紀から19世紀初期は、ゼウスやヘラクレス等英雄的・男性的なモチーフが多く、19世紀中期から後期は、ヴィクトリア女王即位の影響と言われるように、ギリシャ神話、妖精等優美で女性的なモチーフが好まれた様です。
カメオ好きのヴィクトリア女王は、イタリアから優秀なカメオ職人を召集したため、イギリス国内でも多くの優れたカメオが作られるに至った様です。

※落下防止用シリコン製留具も一緒にお届け致します。