ペスネック 花売り娘 [35-13]

ペスネック 花売り娘 [35-13]

販売価格: 140,000円(税別)

商品詳細


品 番 
 35-13
年 代 
 19世紀末
製作国   
 ドイツ
製作者   
 ペスネック Possneck
寸 法 
 横:11cm、高さ:21.5cm
ひと言  
ペスネックは、1894年Louis Huthにより、チューリンゲンに設立された製陶所で、Saxsony-Meiningen王室御用達でした。
1920年頃迄活動していたようです。
     
一見して「(西洋の)お福さんか?!」と思わず、こちらまで微笑んでしまいました。
のほほ〜んとした多幸感漂う花売り娘です。
立ち木に、清潔そうな大きな日除け布を掛け、のんびりと花を売っています。
全体的な造作は、凹凸に富み、実に面白みが有るうえ、木の幹や陳列台の木目の雰囲気といったら、本当に繊細で、よく描かれており、触れて、木なのかどうか確かめてみたくなる程でございます。
色とりどりの花々も、とても可愛らしく、生き生きと新鮮な、香りまで運んできてくれる様にすら感じます。
何と言っても、この娘さんは、かなりお洒落さんで、斬新な帽子から足元迄、ピンクで纏めているのですが、控えめなボーダーや、花柄を用い、金色で締め、緑の茎ごと花を挿し、かなりの上級者の様です。
極めつけは、「お下げ」。これは、所謂「三つ編み」ではなく、「Fishtail Braid」という四つ編みの様な編み方です。
1世紀以上前から、この美しく手の掛かる編み方があったことを発見し、感激致しました。