クロネコwebコレクト


宅急便コレクト 代金引換



宅急便コレクト お届け時電子マネー払い


宅急便コレクト お届け時カード払い

宅急便コレクト クロネコメール便コレクト 電子マネー払いサービス
ホームEVERLAND wonderland ブログ
EVERLAND wonderland ブログ
EVERLAND wonderland ブログ:437
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 22 次のページ»
2019年03月06日
思わす笑ってしまったのですが、テーブルウェアフェスティバルの後、冬眠した様に沈黙し、さてブログでも更新するか、と思うと「啓蟄」です。
毎年同じなので、自分の中に有る動物的体内時計の正確さに驚かされました^^

毎年、テーブルウェアフェスティバルでは、ありがとうございますm(u u)m


お陰様で成功を祝し、搬出翌日、早朝から天上を旅して参りましたが、はて、あれは、夢か幻か・・・・??




えっ?!


幻想を彷徨えば、


導かれるようにお宮さんが・・・


中に入ると、どう見ても重症の風邪をひいている神職さんが、例の寒々しい出で立ちで、具合悪そうになさっていたので、「ああ、お気の毒に」と思ったところ、我に返りました(^人^)


これですもの!


幻想的・・・と思いきや、雪に遊ぶ老親達・・・


小人さんの様な老親達(見付かりますか?)が、この世界観を深めます^^



下界に下りたものの、物語は続きます。小人さんのおうち発見?





嗚呼、現世!インスタ映え!




サルファー香り、天晴れる♪


地獄谷の番人、烏さんたち。


雪から晴、天国から地獄、なんと濃密な1日でしょう☆

都合により更新がお留守になっておりますが、次回は「新商品のご案内」の続編でお目に掛かりましょう!(え~まだ完了してなかったの?はい、恥ずかしながら^^;)
2019年01月31日
※ご注文要領につきましては、『新商品のご紹介 vol.1』をご覧下さいませ。

上から【66-29-1】ティーメジャースプーン  7,020円、【66-29-2】ティーメジャースプーン  7,344円 



上から【66-29-3】ティーメジャースプーン 7,128円、【66-29-4】ティーメジャースプーン 9,180円、★SOLD【66-29-5】ティーメジャースプーン エイコーン 12,960円



【66-30-1】純銀 トング エンジェル  81,000円




【66-30-2】純銀 トング ローズ  108,000円




【66-30-3】純銀 小トング ローズ  81,000円




【66-30-4】純銀 小トング ローズトレリス  75,600円




【66-30-5】純銀 小トング  32,400円




【66-30-6】小トング  24,840円




上から【66-31-1】ジャムスプーン 4,320円、【66-31-2】ハリソン・フィッシャー ジャムスプーン 5,400円



上から【66-31-3】マッピン&ウェッブ ジャムスプーン 5,400円、【66-31-4】ハリソン・フィッシャー ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円



上から【66-31-5】ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円、【66-31-6】ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円



上から【66-31-7】ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円、【66-31-8】ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円、【66-31-9】ジャムスプーン マザーオブパール 8,100円


 
上から【66-31-11】ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円、★SOLD【66-31-12】ジャムスプーン マザーオブパール 7,020円



上から【66-32-1】ハニースプーン 6,480円、【66-32-2】ハニースプーン 5,400円、★SOLD【66-32-3】ハニースプーン 7,560円




★SOLD【66-33-1】バターナイフ マザーオブパール 4,320円、★SOLD【66-33-2】バターナイフ マザーオブパール 7,020円



【66-34-1】トーストラック リーフ  21,600円



★SOLD【66-34-2】ローストラック スワン  11,880円



【66-35】グラスベース スタンド付  43,200円



★SOLD【66-36-1】ポージー  @3,456円  在庫2点



★SOLD【66-36-2】ポージー  @3,456円  在庫3点 



【66-37-1】ウェッジウッド ジャスパーウェア ティーポットL  59,400円



★SOLD【66-37-2】ウェッジウッド ジャスパーウェア ティーポットS 訳有特価 9,720円



【66-37-3】ウェッジウッド ジャスパーウェア ビスケットバレル  64,800円



【66-38-1】ポージー エングレービング  19,440円



★SOLD【66-38-2】ポージー エングレービング  16,200円



【66-38-3】ポージー ヴァセリンガラス  32,400円



【66-38-4】ポージー クランベリー  32,400円



【66-38-5】ポージー クランベリー バーミンガム  27,000円



【66-39】ドレスデン バスケット ピアスィング  32,400円



【66-40-1】ウースター ダブルソーサー  23,760円



【66-40-2A】ロイヤルクラウンダービー カップ&ソーサー 青  43,200円



【66-40-2B】ロイヤルクラウンダービー カップ&ソーサー 赤  43,200円



【66-40-3a】【60-40-3b】【60-40-3c】ダービー カップ&ソーサー @32,400円 

  

★SOLD【66-40-4】ドレスデン カップ&ソーサー  21,600円



【66-41-1~5】ブランブリーヘッジ フィギュリン  未定



【66-42-1】ウースター ジャグL  62,640円



★SOLD【66-42-2】ウースター ジャグS  30,240円



【66-43】サーバーセット  未定 

2019年01月30日
※ご注文要領につきましては、『新商品のご紹介 vol.1』にてご確認下さいませ。

【66-18-1】ケーキナイフ  10,800円



【66-18-2】ケーキナイフ  10,800円



【66-18-3】ケーキナイフ シェフィールド  17,820円



【66-18-4】ブレッドナイフ シェフィールド  18,360円



【66-18-5】ケーキナイフ マザーオブパール  19,440円



【66-18-6】ケーキナイフ マザーオブパール  19,440円



【66-18-7】ケーキナイフ マザーオブパール シェフィールド  21,600円



【66-19-1】William Hutton&Sons ティーナイフ マザーオブパール  45,360円



【66-19-2】ティーナイフ ケーキナイフ付 シェフィールド  48,600円



【66-19-3】Richard Martin ティーナイフ マザーオブパール  59,400円



【66-20-1】Richard Richardson タルトフォーク サーヴィスフォーク付  37,800円



【66-20-2】タルトフォーク サーヴィスフォーク付  35,640円



【66-20-3】タルトフォーク ティースプーン付  43,200円



【66-20-4】タルトフォーク サーヴィスフォーク付  35,640円



★SOLD【66-20-5】ティーセット(フォーク、スプーン、バターナイフ、シュガートング、サーヴィングスプーン/フォーク)  73,440円



【66-20-6】タルトフォーク ロカイユ サーヴィスフォーク付  35,640円



★SOLD【66-20-7】タルトフォーク 12本  64,800円



【66-20-8】純銀 タルトフォーク シェフィールド1936年  91,800円



【66-21-1】サーバー  9,180円



【66-21-2】サーバー  9,180円



【66-21-3】サーバー  9,180円



★SOLD【66-21-4】サーバー  10,800円



【66-22-1】ピクルスフォーク マザーオブパール  9,180円

 

【66-22-2】ピクルスフォーク マザーオブパール  9,180円



【66-23-1】ナプキンリング  32,400円



【66-23-2】ナプキンリング  37,800円



【66-24-1】ダストパン  10,800円



★SOLD【66-24-2】ダストパン  12,960円



★SOLD【66-25】サーディンポット クランベリーエナメル  43,200円



【66-26】タートヴァン  9,180円



【66-27】グレープシザーズ オリジナルボックス入り  32,400円



★SOLD【66-28-1】ティーストレイナー 丸  11,880円



★SOLD【66-28-2】ティーストレイナー 角  11,880円

2019年01月29日
※ご注文要領につきましては、『新商品のご紹介 vol.1』に掲載してございます。

【66-5-1】ビスケットバスケット 三角  19,440円



【66-5-2】ビスケットバスケット 半円  18,360円



【66-5-3】ビスケットバスケット  18,360円



★SOLD【66-5-4】ビスケットバスケット  18,360円



【66-5-5】ビスケットバスケット  17,280円



【66-5-6】ビスケットバスケット  16,200円



【66-6-1】ケーキスタンド 3段  38,880円



【66-6-2】ケーキスタンド 3段  38,880円



【66-6-3】ケーキスタンド 3段  38,880円



【66-6-4】ケーキスタンド 陶器深皿付  43,200円



【66-6-5】ケーキスタンド エングレービング ガラス板付  38,880円



★SOLD【66-6-6】ケーキスタンド 4皿 上段回転機能有  46,440円



★SOLD【66-6-7】フォールディング ケーキスタンド  27,000円




【66-7-1】サンドウィッチ スタンド 低  27,000円



【66-7-2】サンドウィッチ スタンド 高  27,000円



【66-7-3】グレープ スタンド  59,400円



【66-7-4】チェリー スタンド  37,800円



★SOLD【66-8-1】チーズケース 丸型  64,800円



【66-8-2】チーズケース 角型  未定



★SOLD【66-9-1】バスケット ハンドル付  64,800円



【66-9-2】エルキントン バスケット フルーツ  43,200円



【66-9-3】ヌーボー バスケット  27,000円



【66-10-1】丸ギャラリー トレイ  27,000円

  

【66-10-2】丸ギャラリー トレイ  30,240円



【66-10-3】丸ギャラリー トレイ  27,000円



★SOLD【66-10-4】オーバル ギャラリー トレイ  35,640円



【66-10-5】変型トレイ  34,560円



★SOLD【66-10-6】丸 ギャラリー トレイ  30,240円



【66-10-7】角 ギャラリー トレイ  30,240円



【66-11-1】ボトルコースター  24,840円



左から【66-11-2a】グラスコースター 訳有特価  7,560円、【66-11-2b】グラスコースター  17,280円



【66-11-3】コースター シルバーリム  20,520円



【66-12-1】エルキントン ケトル・ポット スタンド  27,000円



【66-12-2】ロバート・プリングル ポット スタンド  17,820円



★SOLD【66-13-1】ビスケットバスケット  17,280円



【66-13-2】ビスケットバスケット  18,360円



★SOLD【66-13-3】ビスケットバスケット  18,360円



【66-13-4】ビスケットバスケット 横折ハンドル 18,360円



★SOLD【66-13-5】ビスケットバスケット 彫刻 縦折ハンドル  21,600円



【66-13-6】ビスケットバスケット  16,200円



★SOLD【66-13-7】ビスケットバスケット  16,200円



【66-13-8】ビスケットバスケット  17,280円



★SOLD【66-14】イパーン  48,600円



【66-15】スモールバスケット  8,640円



★SOLD【66-16-1】バターディッシュ オーバル  21,600円




【66-16-2】バターディッシュ シェル  23,760円




【66-16-3】バターディッシュ シェル  14,040円



【66-17】グラスベル  @5,940円  在庫:2ケ

2019年01月27日
いつも当店オンラインショップならびにブログをチェックして下さり、誠にありがとう存じます。
お待たせ致しました!この度イギリスからやって参りました新商品を、順次ご紹介申し上げます。

ピン(・∀!)★と来る品がございましたら、頁上『お問い合わせ』より、商品番号・商品名をお知らせ下さいませ。
詳細情報・詳細写真をご返信にて、プレゼン致します。
なお、場合によって、ご発送が催事終了後となる可能性もございますので、宜しくお願い致します。

オンラインショップと同条件での販売となりますので、「ご利用案内 http://www.antiques-everland.jp/help」をご確認下さいませ。

また、東京ドーム テーブルウェア・フェスティバル2019 http://www.antiques-everland.jp/news-detail/13 にてお受け取りご希望の方のご注文も、お受け致します。
但し、恐れ入りますが、お早めの日程でご来場下さる、または、確実にご売約戴けますお客様に限定致しまして、承ります。

心弾む品々が山の様にございますので(全てご紹介出来ると良いのですが・・・(^-^;)、どうぞお楽しみ下さいませ♪


【66-1-1】ロイヤルウースター ミルク&シュガーセット  136,080円



【66-1-2】ロイヤルドルトン@バースレム ミルク&シュガーセット  51,840円



【66-1-3】ミルク&シュガーセット  45,360円



【66-1-4】アーチハンドル ミルク&シュガーセット  45,360円



【66-1-5】ドレープ ミルク&シュガーセット  45,360円



【66-1-6】鍛金 ミルク&シュガーセット  45,360円



【66-2-1】クランベリーガラス ツインジャム容れ デコラティブスプーン2本付  86,400円



【66-2-2】クランベリーガラス ジャムコンポート  37,800円



【66-2-3】クランベリーガラス ダブルフリル ジャムコンポート  59,400円



【66-2-4】ダイヤモンドエングレービング ジャムディッシュ  27,000円



【66-2-5】型ガラス ジャムコンポート  37,800円



【66-2-6】型ガラス ジャムコンポート  37,800円 



【66-2-7】ヴァセリンガラス ジャムコンポート  43,200円



【66-2-8】クランベリーエナメル ジャムコンポート  41,040円



【66-3-1】ピクルスジャー フォーク・スタンド付  46,440円



【66-3-2】ミニピクルスジャー 先割れスプーン付  34,560円



【66-3-3】ピクルスジャー スタンド付  37,800円



左から【66-3-4a】ピクルスジャー  21,600円、【66-3-4b】ピクルスジャー  21,600円



【66-4-1】エッグカップスタンド 6人用 スプーン付  46,440円



【66-4-2】エッグカップスタンド 4人用 スプーン付  43,200円



【66-4-3】エッグカップスタンド 4人用 スプーン付 ウィッシュボーン ウイング  54,000円



★SOLD【66-4-4】エッグカップスタンド エゴイスト スプーン付  4,860円

2019年01月24日
店主夫妻は、仕入れた品々の準備に追われておりますので、わたくしは、ルーベンス展 https://www.tbs.co.jp/rubens2018/ @国立西洋美術館と、フェルメール展 https://www.vermeer.jp/ @上野の森美術館に行って参りました。

はい、お約束の、行って、参りました!



わたくしは、ナイトミュージアムを利用することが多いのですが、フェルメール展は、もっと細かく時間帯制が組まれており、ルーベンス展と同じ様にゆっくりと鑑賞出来ました。


ただ、寒空の下、屋外に在るロッカーでコートを脱いだ時点で少しトーンダウン(笑)




音声ガイダンスが無料という事で、前売入場料が2500円(展示するフェルメールの絵画点数が、大阪展より3点多いための価格差なのでしょうか?)もするので、「あったりまえだ!」と少しは納得致しました(笑)

純白の天井・壁・床を光で満たした様な廊下を歩“かされ”、いきなり薄暗いフェルメール部屋に入ると、もう、目くらまし状態o(@_@)o

フェルメールは光の魔術師だけに、闇も念入りに真っ暗に描くのか、下手したら、2/3闇の様な絵があるにも関わらず、部屋がうすっ暗く、「床にヴィオラダガンバが置いてある」との説明を受けても、ぐしゃぐしゃの布くらいしか見えず、自分の目がおかしいのかと思い、一通り見た後、椅子に座って休憩し、また、再確認(最早、鑑賞の域を超えました!)に行きました。

因みにその画は、「北向きの窓」の「障子越しの光」と言われる光を描いています。

だからと言って、そんなにも暗い部分が闇になるかなぁ、と思い、どうにかしてヴィオラダガンバを見てやろう、描かれているもの全て充分に見て、脳裏に焼き付けてこその2500円だ、と思い、照明の当たり具合を変えれば見えるのかと、自分が動くしかなく、遂には、画の前でチューチュートレイン(ダンスの振付)でございますよ!!

しかし、暗すぎて、見えなーい!!

帰りは、暗闇は見えないのを良いことに、持って来た特大富山のあんぽ柿を頬張り、上野駅に向かいました♪

帰って来てから見た「ぶらぶら美術・博物館」のフェルメール展編再放送では、山田五郎さんやおぎやはぎのお二人も、ヴィオラダガンバが見えていませんでした?!(^O^;
絵画保存修復家のお話も含めると、例のヴィオラダガンバは、古いニスが除去されていないのかも知れない、とのことで、過去の修復によってこうなってしまい、手の施し様も無く、これ以上触らない方が良いため、この状態にあるそうです。

大阪展にいらっしゃる方は、本当にヴィオラダガンバが暗闇にあるのか、ぜひ、ご覧下さいませ。

市松模様の床の面積が広い「引き」の構図では、白い床が反射するのか、光量が多くなり、如何なる寓意が隠されていたとしても、印象は爽快です☆
「牛乳を注ぐ女」では、ほっと安心出来るものがございました。

上記絵画保存修復家によると、この画は、早い時期に美術館に収められ、“修復を感じさせない”ベストな修復を施されているので、魅力的なのだそうです。
『絵の命を繋ぎ、価値を下げない』のが一番良い修復ということですが、他の事象に置き換えた場合も、貴重な金言と感じます。


西洋美術館収蔵の美人画家の自画像は、この不敵な笑みが大好きで、この度、撮影して参りました♪(西洋美術館常設展は、ほぼ好きに撮影出来ます。)
彼女なんか、下手な修復を施そうものなら、柳眉を逆立て、絵から抜け出て来そうですね?!^^
2019年01月21日
過日、買付出張する店主夫妻を成田空港に送った後、恒例の「折角高速代使って成田迄行ったのだから・・・観光でもして帰らないと勿体無い!」企画で、筑波山まで足を伸ばしました!!

正月だけに、筑波山神社 http://www.tsukubasanjinja.jp/ 初詣という発想から、御山 http://www.mt-tsukuba.com/ にも登れるなんて、成田空港に送り届ける義務転じて、ワクワクするお楽しみとなりました!
前の晩から、栄養万点なお稲荷さんを山の様に作り、早朝から張り切って起きました。

成田空港からは、いつもとは逆方向の高速に乗り、車窓を流れる田園風景に、しみじみ旅を実感致しました。

さて、駐車場で、早くも腹ごしらえし、早速筑波山神社に向かいました。


ご参拝を済ませ、戴ける御朱印は、戴きました。




男体山と女体山の御朱印は、実際登ってから頂戴するものとのことで、地図の所要時間を計算しながら、先を急ぎました。


実は、当初計画していたコースがよく分からず、気付いたら歩いていた別コースで男体山頂を目指しましたが、結果、こちらでよかったです。
兎に角、御朱印の受付時間までに戻ってこなくては成らないので、気が気ではありませんでした。

男体山頂!


上級者と思しき男性から、自分と同じペースで、ペースを落とさず登って来られるのはスゴイ!何か特殊な運動をしているのか?とお褒めに預かりました^^


清々しいです!関東平野を一望!


次は、先に見える女体山を目指します。


それにしても、爽快です!


「せきれい石」 イザナギノミコトとイザナミノミコトに、石の上に止まった鶺鴒が、道を教えたという言い伝えがあるそうです(縁結びパワースポット/筑波山パワースポット)。


「ガマ石」 永井兵助が、この石の前で、筑波山名物:ガマの油(そうとは存じ上げませんでした?!)の口上の文句を考えたと言われているそうです(金運・出世パワースポット/筑波山パワースポット)。


女体山頂に着きました!!


あそこ(男体山頂)から来たのだなぁ、と感慨に浸る。


「天浮橋」 イザナギとイザナミがここに立ち、天の沼矛を下ろし、掻き回したところ、矛の先から滴り落ちた塩で成った島(オノコロジマ)が筑波山で、天地開闢の地とされているとのことです(縁結びパワースポット/筑波山パワースポット)。


神話の世界が広がります!


「大仏岩」確かに・・・


「北斗岩」北斗星の様に、決して動かず、空に向かって聳え立っています。


「出船入船」出てゆく船と入ってくる船が並んでいる様な石の姿から、船玉神を祀っています。


「国割り石」集合した神々が、この石の上に線を引き、赴任先の地方を割り振ったと言われているそうです(金運・出世パワースポット/筑波山パワースポット)。


「陰陽石」陰陽の様に相反する2つの巨石が寄り添い、聳え立っています。


「母の胎内くぐり」岩を抜けることで、生まれた姿に立ち返ることを意味しているそうなので、うろうろ何回か生まれ変わりました^^


「弁慶七戻り」頭上の岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたと言われている石。聖と俗を分ける門と言われているそうですが・・・くぐり抜け、振り返った際に、その様に感じました。


巨木の年輪に、上から2番目「天明の飢餓(1782~1788年)」、4番目「赤穂浪士討入り(1703年)」、6番目「明治元年(1868年)」と記されています!


「白蛇弁天」棲んでいる白蛇を見ると、財を成すと言われているそうです(金運・出世パワースポット/筑波山パワースポット)。



地学好きとしては、次々現れる奇岩・怪石に眩惑されましたが、本当に行って良かったと実感する、文字通り神々しいパワースポットでした。


ああ、日が暮れる!


無事安全に下山できたので、感謝し、拝殿にお参りするや否や、御朱印受付にバタバタ駆け込み、無事、戴きました♪


巫女さんに、「受付時間内に帰って来られなかったら大変なので、“転げ落ちそう”になりながら急いだ。」と言ったら、バカウケしていました。


実際は、石だらけの急坂で、文字通り“転げ落ち”ました(^皿^;


どうです?行ってみたくなったでしょう?
2019年01月01日


好い年に致しましょう!
2018年12月25日
We wish you a very Merry Christmas!!



2018年12月21日
店主夫妻は、長野県上田市出張に伴い、市内の別所温泉 http://www.bessho-spa.jp/ へも訪れたようです。


<上信越国立公園 https://www.env.go.jp/park/joshinetsu/ の峰々>と聞き、驚きました。


改めて地図で確認すると、上田市は、大変魅力的な所に在るのだな、と思いました!
ご縁有って、訪れてみない事には、その土地の面白味を知ることは出来ないものですね。


老親達は、毎日、仕事前に観光散歩を楽しんだ様です。




真田一族と六文銭推しです!チャンチャンコは、やはり鎧兜と同じ赤ですね?!


海野宿は、タイムトラベルで来た様です。


若林陶器本店は、こんなに素敵なお店です。




お客様には、沢山お求め戴き、ありがたいことでございます^^


現在も、一部商品を展示して戴いております。
またお伺い致しますので、ぜひ、お立ち寄り下さいませm(_ _)m
2018年11月28日
腹ごしらえ@神戸国際マス釣場の後は、神戸(かのと)岩へ!


ジモティーの集合する場での昼食は、沢山の情報を齎してくれました。


今年は紅葉が思わしくないと仰っていましたが、我々には綺麗です。


行く先々に巨大岩が出現し、鉱物好きにはたまりません♪


梯子や板の橋が見えますか?


手をちょいちょいさせているおまめさん、手を引っ張ってくれと無言でせがみます。暫し立ち往生(-へ-;


こんな所で引きずり落とされたり、突き落とされたりしたくないため、店主とわたくしは、断じて手を貸しません。


ジモティーに聞いた細道は、本当に鎖場情緒溢れるものでした。


奥へと続きます・・・




自然美に飲み込まれているところ、そういえば、老親はどうしたのでしょうか?


見えますか?拡大すると・・・


うっわ!すっごいへっぴり腰!(^皿^)


帰りは、ジモティーに聞いた真っ暗な隧道を歩き、猛スピードの車に轢かれそうになりながら、運転していてヘッドライトに浮かび上がる我々を見て、さぞや恐ろしかったろうなどと想像してしまいました^^


暗闇から、眩しい色彩の世界へ!



当日、桧原村内を、あっちへ行き、こっちへ行き、沢山移動致しました。
奥多摩周遊道路を通り、月夜見山(なんと美しい名前でしょう^^)を越えて、奥多摩湖に行きました。

月夜見山からは、いろいろなものが見えました。
天空の街


幽玄の湖


エミール・ガレの空


次回はどこを散策しましょうか?
2018年11月22日
中央高速に乗り、上野原で下り、山梨県はいいなぁ~と思いつつ、今回は、東京都内に拘っているのだ、と思い出すと、そこには、「東京都」の表示が!!


久々に桧原村を訪れました^^紅葉狩りでございます♪

先ずは、九頭龍神社 http://www.tokyokuzuryujinja.net/ の九頭龍大権現にご挨拶です。



社務所は、古民家の宿 山城にあります。



橋を渡って・・・


九頭龍が滑り降りてくる様な、九頭龍の滝 http://www.vill.hinohara.tokyo.jp/0000000082.html


季節を踏みしめる感覚が、非日常的で、感謝の心を呼び起こすものでした。



払沢の滝 http://www.vill.hinohara.tokyo.jp/0000000023.html は、今年の1月28日には、12年ぶりに完全氷結したそうで、今冬も払沢の滝冬まつり http://hinohara-kankou.jp/fuyumatsuri/ が開催されるそうです。神秘的な完全氷結は、必見です!


駐車場から、徒歩15分程で到着するのですが、その間、本当に美しい「色↑」「色↑」に包まれ、高揚感を感じます。



近隣の水源だそうですが、こんなに美しい水が、蛇口から流れ出るなんて、奇跡的な素晴らしさです!


前の晩、金田一耕助の悪魔の手毬唄を見たのですが(ピンと来ましたか?)、この美しい滝壺を見つめていたら、枡屋の娘が漏斗を口に横たわっていたシーンを思い出してしまいました^^;狂おしい程の美しさです!


禍々しい想像を余所に、人々が集い、なんとも言えない円やかな時が流れます♪


この美しい水で育った鱒は、本当に、5匹は食べたい程美味しかったです!!


四万十川で鮎の塩焼きを2本食べて、露天商のおばちゃんに笑われた事を思い出しました。
2018年11月08日
日本橋三越で、知り合いのコンシェルジュに、「えっ?!ああ、かわいい仏像もあったってことですね?」と言われたのですが、いえいえ、本当に、かわいいのです^^


やはり、店主もかわいいと申しておりまして、その理由は、ちっちゃいから!(おっきいのもいらっしゃいます)ということとなりました。


仏像と言うと、心理的にも、手を合わせて見上げるイメージでしたが、覗き込んでは、そのまた小さな細工に目を見張り、口々に勝手なことをコソコソ言い合っては、クチュクチュクチュっと小さく笑うのも楽しいものです♪


「仏像の姿」展@三井記念美術館 http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
断然かわいいです!


入場前に渡した入場券をどこかへやってしまた(ロッカーに預けたコートのポケットに入っていました)おまめさんとすったもんだ致しましたが、一体目の仏様を拝見し、直ぐ和んだものです^^

東京国立博物館の快慶・定慶を見に行こうかと思っております。
2018年11月03日
なにやら、自由が丘で面白い企画が催されるようです。
http://www.jiyugaoka-abc.com/art-project/
http://www.jiyugaoka-abc.com/topnews/18093


方々に、可愛い猫の彫刻が居る様で、探す楽しみがありそうです。
http://www.jiyugaoka-abc.com/event/2018/2018art/cat_map.html



東京藝大がデザインしたひかりのオブジェは、12月中の様ですが、
11月3日(土)、4(日)とアートマーケット(藝大卒業生)やワークショップ(浅草伝統工芸)が、駅前ロータリーに出来るようです。
http://www.jiyugaoka-abc.com/topnews/18069


ぶらっとお出掛けにはぴったり♪
2018年10月27日
富士山方面に行く予定が有ったので、折角ですので、本家本元(?)の浅間神社にご参詣することと致しました。

先ずは、前日に、義理堅く(?)ご近所の多摩川浅間神社に御参りです。


そして、「ダイヤモンド富士」に成りそうな気配を感じたので、暫し佇んでおりましたが・・・成らず!!ちょっとずれておりました。



当日、さすがは晴れ女!日傘を差しても、肌がチリチリする程の晴天でした↑


富士山東口本宮冨士浅間神社 http://www.higashiguchi-fujisengenjinja.or.jp/


 
富士山のやさしい恵みを感じさせる柔らかい味です。飲んでも良いのか分かりませんが、勝手に飲んでみました♪


浅間神社独特の富士山の溶岩を見るに付け、地学好きが高じて、浅間神社通いをしているのではないか、と気付きます。そっと手を当てて、あったかぁ~い♪


駐車場でスマホをいじると、ここで初めて、富士山は浅間神社に囲まれて(護られて)いるのだ、と知りました。


そこで、富士山の周りを回ることに決定!

富士山本宮浅間大社 http://fuji-hongu.or.jp/sengen/


駐車場のおじさんに「どこ行くの?」と聞かれ、「神社!」と答えると、「神社なんかホレ沢山有るよ。タ、イ、シャ!」と念を押されてのですが、予備知識無く来たらビックリ、全国の1300余の浅間大社の総本宮だそうです!


真っ青な空はどこまでも高く、澄み渡る空気に、ああ大社だ!富士山の力は絶大だ!と納得致しました(^人^)



さて、バイクでよく走った朝霧高原を脇目も振らず走りぬけ、富士宮から結構な距離が有るので、途中で御朱印の受付時間を確認しながら、ギリギリ飛び込みました^^

北口本宮冨士浅間神社 http://sengenjinja.jp/


時間も時間ということもあり、森閑・冷涼で、霊験あらたかな神社です。


大鳥居の脚が、頑丈です。日本最大の木造鳥居だそうです。


国指定重要文化財の随神門には、親近感の湧くお顔立ちの方々が・・・

 


国指定重要文化財の拝殿では、もう圧倒的な雰囲気に包まれます。


樹齢1000年の御神木は、なかよしさんです♪どこの国へ行っても、概ねリボン型は、ご縁を感じさせるものですね。こちらは、強力な恋愛成就のパワースポットらしいですよ、帰ってきてから、今、知りましたが!(^皿^;


こんなに寒いところで、この造り、神職さん達の体調が気になります。


秋も深まり、色づく季節がやって参りました↑



この度の富士山方面に行った予定とは、実は・・・納骨でした!納骨を納骨だけに留めず、周遊観光してしまう自分や当家の面々に失笑してしまいました!


ここだけの話、杉並生まれ、育ちのおまめさんの実家が、なぜ、そんなに、縁もゆかりもない遠隔地に墓を買ったのか疑問でしたが、その気持ちも分かり、良い思い出になりました^^


そういえば、この富士山周遊、浅間神社ご参詣以降、特段願い事などした訳でもないのに、急に、全て好い様に回りだしましたよ♪
2018年10月21日
一昨日より、京都国立近代美術館で始まりました藤田嗣治展 http://foujita2018.jp/ 、お近くの方は、ぜひご覧になられます様お薦め致します。


東京で、最終のナイトミュージアムで拝見しましたが、大賑わいでした!

結論から申し上げますと、実物を目の前にすると、圧倒的に素晴らしく、予想以上の点数が展示されているため、のんびりしていると、肝心要な、レオナール・フジタの終点と申しましょうか、最高到達点と申しましょうか、晩年の円熟期の絵画に限って猛スピードで見る羽目になります(^~^;


展示順が、京都と東京で同じ様でしたら、最初の、あまり見慣れない画風の絵を理解しようとじっくり鑑賞しすぎると、後で、堪能したいものを一瞬見てパッと次に進まなくてはならなくなってしまい、どうも、周りの方もその様なご様子でした。


レオナール・フジタ=「乳白色の下地」という印象でしたが、その開発後にも、そればかりではなく、僭越ながら(こんなに人間が見えていたんだ!?)と驚くような、人間臭い画風のものが数多く、ものすごく魅力的でした。


「乳白色の下地」は、主役を発光する聖なる存在の様に演出なさりたかったのか、かえって、環境の方が、色彩豊かに描き込まれているため、ぐっと見入ってしまうのは、脇にいる猫などでした。


「乳白色の下地」に至るまでの、必要な表現方法を身に付けていかれる過程も垣間見える訳ですが、えらく目の下のクマが目立つ不健康そうな表現をされているものがあり、後ろから「顔色悪いよ・・」と聞こえてきたりしましたが、このクマが、乳白色の下地に凹凸を付ける手法に生きているのだな、と感心致しました。

その他、「デッサン上手い!」という誰かさんの声に笑ってしまいましたが、当たり前ですが、レオナール・フジタは本当に画が上手いんだ、と実感しました。


図録には、レオナール・フジタに成って行く過程が全収録されているため、限定版の表紙の方を購入致しました。


1時間、レジに辿り着くまで、長蛇の列に並びました!!

余談ですが、京都は、東京より入場券が100円安い様です^^
2018年10月14日


先週の蓼科高原バラクライングリッシュガーデン ハーベストフェスティバルの様子は、こんなに美しく楽しいものでした!


表情豊かな自然は、1週間の経過で、秋が深まっているのでしょうね。



生まれながらの姿が装飾の様です。どの様に伸びていくのか、観察したいところでございます。


産卵中の蟷螂


ダリアにてお仕事中の蜂(ご覧になれますでしょうか?)

 
毎度お馴染みおねむな蛙

 
森の妖精さん・・・ならぬ当店の座敷童子?!
おまめさんは最近、「うちに座敷童子はいなぁーいっ!(。-_-。)」と激しく否定するので、自分が座敷童子という認識をしている様に思います^^


凡そ430年前にポルトガルから伝わったのは、このタイプのかぼちゃだったそうで、ディズニーが、シンデレラの馬車のモデルにしたのもこちらだそうです。


紅葉が楽しみです!


2018年10月11日
いつもは、極力自由が丘に近づかない日があるのですが、
それは、「自由が丘女神まつり」の日です。

観光客でごった返し、駅に着くのも、人の波を泳ぎ、やっと辿り着く感覚で、しかも、出店の焼く食べ物と煙の匂いが着いてしまい閉口です。
そのわたくしが、今回は、特別!例外!グランドフィナーレだけ見に行って参りました。

自由が丘在住30年を超えるジモティ兼自由が丘文化芸術大使の八代亜紀さんのステージが見られるという事で、お台所もほったらかしにして、走りました=3=3


駅前ロータリーは、この盛り上がりよう!!

ジャズィーなナンバーを歌われて、「自由が丘ー♪」と叫ばれていました↑


惚れ惚れするのは、歌声のみならず、普通にお話になるお声や、やさしい話され様で、聴衆をしあわせにするものでした。


遠くからスマホで撮り、こんなに荒い画像でも、八代亜紀さんと判り、しかもお綺麗でいらして、すごいなぁ!!と驚きました。


前の方で、拝んだり、泣いたりしている観客がいそうなレベルでした。


文字通り、「女神」な方でした↑


我らが奥沢駅前音楽祭ステージに立つ、東儀秀樹さんのお母様九十九さんがいらっしゃいました。
視察?鑑賞?奥沢駅前音楽祭も楽しみです!

2018年09月27日
11月1日は、紅茶の日だそうです。

芸術の秋+食欲の秋の素敵な企画がございますので、お知らせ致します↑↑



『 世田谷発 音楽と紅茶を楽しむ会 』の今回のテーマは、「王妃のティーカップ」ということで、ヨーロッパの王妃たちが愛したティーカップについて、魅力的な講師の先生のお話を伺います。

その他にも・・・
○秋を楽しむティータイム
○季節のおいしいバリエーションティーのご紹介
○チェンバロミニコンサート
○プレゼントクイズ

平成30年11月10日(土)
第一部 11:30~13:10
第二部 13:40~15:20

参加費 3,780円  ※ティータイムと紅茶などのおみやげ付

場 所 松本記念音楽迎賓館
    (東京都世田谷区岡本2-32-15)

申込方法 申込書を・・・
     ①FAX:03-3431-6711
     ②葉書:〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-5
     ③日本紅茶教会HP:http://www.tea-a.gr.jp/



募集人数 各部30名  ※先着順受付たそうですので、お早め申し込まれると安心です^^
2018年09月17日
暫く曇りか雨が続き、しかも、ショールームでオープンハウスが始まるので、写真撮影が出来ないのを、此れ幸いと言わんばかりに、過日国立西洋美術館 http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html に行って参りました!

『ミケランジェロと理想の身体』展です。


西洋美術館でミケランジェロということは、いつものアレは、今日こそは出て来ないのでは・・・と思いきや、
ございます(控えめなサイズに変更致しました^^;)!!


寛永寺の清水観音堂、パゴダ薬師堂、


同上野大仏殿



五條天神社、花園稲荷神社、上野公園内で先に戴き、西洋美術館に向かいました。


ナイトミュージアムの有る日は、ゆったり訪問・鑑賞出来、ありがたいです。


外にあるロダンの地獄の門 inspired by ダンテの神曲 地獄篇、拡大してみると、さすが地獄だけあって、皆さん大変なご様子!




当の『ミケランジェロと理想の身体』展は、紀元前や1世紀頃の作品が目に付きましたが、そんなに大昔から、こんなに高度な表現をしていたのかと驚かされました。
よくよく解説を見ていないと、1500年頃の作品と並んでいても遜色がないのです。



≪ダヴィデ=アポロ≫


大理石と言うとツルすべなイメージですが、50代後半のミケランジェロの作りかけのこの像は、ノミの跡が生々しく、正にミケランジェロの体温が伝わって参ります。
ミケランジェロは、大理石の中に埋もれている像を掘り出すという感覚で、他の彫刻家と違い、一方方向から掘り進んだそうです。

≪若き洗礼者ヨハネ≫


かわいそうにスペイン内戦で60%も失ってしまったのに、復元してもらって微笑みを取り戻したヨハネさんは、20歳のミケランジェロ作です。

片足に体重を掛け、それに応じて体全体が湾曲しているコントラポスト立ちをしている像が多かったのですが、頚椎の曲がっているわたくしは、見ているだけで、半身不随になりそうで、しかも、(あ~あ~、あんなに姿勢が悪いから下っ腹が出てみっともないな~。なんだかぐんにゃりしてオネエっぽいなぁ。)等と思っておりました。
でも、これって、表題どおり、理想を追求した身体なのですよね?!
 
ラオコーン像は、写真撮影可で、この大切迫感の押し寄せる作品の、感情豊かさには脱帽です。










ナイトミュージアムだけあって、いつもは途中から走って鑑賞する常設展も、今回ばかりはゆっくり堪能出来ました。
新着品もあり、大いに楽しめました♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 22 次のページ»